調査・分析

世界大学ランキング

 高等教育市場のグローバル化が進む中、全世界約17,000大学の間における競争が激しくなっているところに、大学の質、さらに国力の評価指標として、世界大学ランキングの存在感が強くなっています。研究を主に評価した大学総合ランキングとしてTimes Higher Education World University Rankings (THE WUR) , QS World University Rankings (QS WUR), Academic Ranking of World Universities (ARWU) および USN Best Global University Ranking 世界大学ランキングが注目されています。これらのリーグテーブルにおける順位データを通して、岡山大学の全世界、アジア地域および日本国内の大学における位置を明らかにし、本学のパフォーマンスの一側面を解明します。

高被引用論文

 被引用数が各研究分野トップ1%に入る論文は高被引用論文(Highly-Cited Paper: HCP)と称されています。従来論文数、論文の被引用数のような絶対的指標と共に、高被引用論文数のような相対的指標が併用され、研究評価に用いられています。
 岡山大学の高被引用論文数による日本の研究機関ランキングにおける位置、各研究分野のポジション、高被引用論文数に大きく貢献している研究者の内訳に関するデータが本学の現状分析、政策策定の参考となっています。

ホットな研究領域

 サイエンスマップ(世界的に高く注目されている論文(過去5年間の被引用率トップ1%の論文)を抽出し、論文間の相互引用関係により優位性の高い研究領域を分析し可視化した鳥瞰図)が科学技術・学術政策研究所(NISTEP)によって2年ごとにリリースされています。
 サイエンスマップに示されているホットな研究領域により、岡山大学の世界的な規模における参画研究領域の詳細、ならびに本学における研究の強みを明らかにしています。

岡山大学の強みの研究領域

 インパクトの高い論文数(トムソン・ロイター社Essential Science Indicators)、競争的外部資金、科研費の細目別採択件数等により、本学の強みの研究領域を明らかにしています。

 Factbook用データ3.jpg