植物の持つ力“リグニン”で植物を守る 第3回革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォームを開催

日時 2015年9月3日 

 本学は、鹿児島県奄美大島において、ウイルス感染から植物を守る研究についてのワークショップ「第3回革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォーム 低分子化リグニンがつくる新たなウイルス対策」を9月1~2日に開催しました。 農林業の現場では、さまざまなウイルスによって経済的・社会的な損失が発生しており、世界的に大きな問題となっています。また自然界の植物も失われることが多く、環境問題ともなっています。これらの状況を打開するため、さまざまなウイルス感染から植物を守る早期診断法や感染防止の薬剤などの研究開発が強く求められています。
 今回のプラットフォームでは、農林水産省「革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)」において研究拠点を務める本学と補完研究機関である岡山県農林水産総合センター生物科学研究所と鹿児島大学をはじめ、日本大学、株式会社カスケード資源研究所、奄美大島島おこし生産グループ、株式会社倉源などが密に連携しながら開催し、木などの植物が木としての構造を保つために持っている高分子化合物の一つである「リグニン」について焦点を当てました。奄美大島に自生する植物から採取される低分子化したリグニンを用いて植物をウイルスから守る方法について、その研究開発方法と社会実装、地域創生・島おこしの具体策についての議論を行いました。
 プラットフォームでは、革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)でコンソーシアム・プログラム・マネージャー(研究管理総括役)を務める佐藤法仁学長特命(研究担当)・URAが同事業の概要説明とともに、「いままでにない革新的な方法で植物を守り、わが国の農業生産力向上へ寄与するとともに地域経済の活性化を同時に進めるべく叡智を結集していただきたい。研究開発から進める地域創生の一つのモデル事業ともなれば先導的な活動となる」と挨拶しました。次に今回の世話人である本学大学院医歯薬学総合研究科(医学系)免疫病理学分野の大原利章助教が低分子リグニンの効能と奄美大島に自生する植物の概要を説明し、参加者らとともに低分子リグニンの講義、植物の伐採と絞り出しの実習、社会実装のあり方などについて熱心に議論を行いました。
 本ワークショップは本学が研究拠点(代表研究者:本学大学院自然科学研究科(工学系)の世良貴史教授)を務める農林水産省「革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)」において得られた最新研究の叡智を積極的に社会に広めるために実施している「革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォーム」の取り組みとして実施されました。今後、低分子リグニンの応用研究を加速させるとともに、奄美大島の自治体、関係企業らと連携をさらに深め、地域経済の活性化に寄与する異分野融合共同研究と社会実装を精力的に押し進めて行きます。 農林水産省革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究):http://www.okayama-u.ac.jp/user/ibunyapj/index.html <参考:革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォーム>

第1回 網羅的RNAウイルス検出技術DECS法(2015年5月28~29日)
第2回 革新的技術でウイルス感染から家畜を守る-日中叡智共有化ワークショップ-(2015年7月20~22日)  

農林水産省事業の取り組みを説明する佐藤法仁学長特命(研究担当)・URA
 
低分子リグニン研究について説明する大原利章助教
 
自生植物の説明を受ける参加者ら
 
 
植物から成分抽出の実習を行う参加者ら
 
独自の絞り出し機の取扱い説明を受ける参加者ら
 
 
採取した自生植物の絞り出しを行う参加者ら
 

                植物の絞り液の採取

 
プラットフォームの開催地である奄美大島
 

アーカイブ

2016

2017