ストラスブール大学短期交流研究員受け入れ事業、研究会「フランスの地域民主主義」開催

日時 2020年2月27日 

 岡山大学では、国際的な教育研究力強化促進を目的として2016年にフランスのストラスブール大学と教員交流に関する協定を締結し、研究員の受け入れを行っております。

 今年度は、フランス、ストラスブール大学スポーツ学部より、ミシェル・クーベル教授をお招きして「フランスの地域民主主義 -議員は本当に人々を代表しているか? -」について研究会で発表いただきます。

日本の市町村数は約1700ですが、フランスには、約35000のコミューン(市町村)が存在しています。コミューンは地域民主主義の豊かさを表し、地方議員は、コミュニティの生活やまちづくりに大きな影響を与えています。しかしながら、選挙では投票率が下がってきており、議員は本当に人々を代表しているのかという疑問も生まれています。
コベル教授は、(1)代表制度の修正点、(2)議員の仕事と性別、(3)現代の代表制度どのように変えていくかについて発表します。

詳細はチラシ[PDF]をご確認ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】
令和2年2月27日(木)14:30~16:30

【場 所】
岡山大学津島キャンパス プレゼンテーションルーム
(一般教育棟A棟1FWaku2スクエア1内)
※L-Caféから変更になりました。

【プログラム】
講師:フランス、ストラスブール大学、 スポーツ学部、
    ミシェル・クーベル教授(Prof. Michel Koebel)

【対象者】
岡山大学教職員及び学生

 
【本件問い合わせ先】
岡山大学 地域総合研究センター
TEL:086-251-8468
E-mail: info (a)Okayama-u.ac.jp( (a) を @ 変更してください)

 
 
 

Prof. Koebel.png
【講師】
フランス・ストラスブール大学スポーツ学部
ミシェル・クベル教授 Michel KOEBEL
専門:社会学(地域政治)
地方議会、参加民主主義、市民参画など。
健康増進を含めたスポーツ都市政策や
地方議会の研究において、30万人を超える
フランス地方議員の分析を通じて、議会制度
の問題点を調査。

 

UNISTRA.pngOU.png